大切な家を守るために|いろいろな菌を持っているゴキブリは対策が必要
住宅

いろいろな菌を持っているゴキブリは対策が必要

大切な家を守るために

部屋

なぜ換気が大切なのか

日本の木造の家の場合は大抵、床下の基礎に空間があり換気口を床下換気を行っています。つまり、この換気口から常に床下に空気が流れることによって、基礎の中のよどんだ空気を入れ替えてカビを防いだり、床材や基礎に使われている木材を乾燥させて害虫を防いだりしているのです。それで、床下換気が適切でないと、床下の湿気の逃げ場がなくなり、湿気が家の中に上がってきて、壁や押入れなどのカビの原因になったり、床板を腐らせてしまったりと、長期的に見て家にダメージを与えることになってしまいます。それで、壁や押入れを、いくら掃除してもすぐにカビが生えてしまうなどの悩みを持つ家の方は、一度床下換気が適切になされているかを調べてみるとよいでしょう。

換気の方法

まず床下に湿気がこもる原因を探しましょう。家の周りの排水が適切でなく、いつまでも家の周りに水がたまっていることが原因かもしれません。その場合は外溝工事で対処します。また、換気口の位置が適切でないため、空気が流れにくくなっている場合もあります。適切な位置に換気口を増やしたり、換気扇によって強制的に床下換気を行うことで解決するかもしれません。また、コンクリートの結露が原因のこともあります。その場合にも換気扇などをつける、また、床下に調湿材を敷くなどで対処できることでしょう。いずれにせよ、原因を見極めて適切な対処法を取るなら、家をカビやシロアリなどの被害から守り、家屋の寿命を延ばすことにつながります。